駆除しやすいのが特徴|ゴキブリ駆除は業者に任せるのが一番良い|徹底的に駆除しよう

ゴキブリ駆除は業者に任せるのが一番良い|徹底的に駆除しよう

家

駆除しやすいのが特徴

ウーマン

市販の殺虫剤でOK

アシナガバチ駆除は、そんなに難しいものではありません。なぜなら殺虫成分に弱いハチだからです。ハチ専用スプレーがあればいいのですが、なければゴキブリ用などほかの殺虫剤でも問題ありません。ホームセンターやドラッグストアで売られている安価なもので十分なのです。アシナガバチ駆除をしたい場所が足元が悪いのでなければ、実は駆除の時間帯は夜間の方が向いています。暗闇ではハチの動きが鈍くなるので、アシナガバチ駆除にはオススメなのです。肌の露出を避けた服装で、風上から殺虫剤をスプレーします。その場合に、突然ハチが飛び立ったりしますが、アシナガバチは攻撃性が強くないのでひるまずに噴射し続けましょう。一定時間噴射したら、その日はそのままにしておきます。翌朝明るくなってから巣と死骸を片づけましょう。巣があった場所は、数日はハチがうろうろすることがあるので、殺虫剤をスプレーしておくと再び作られずにすみます。

春先がオススメ

アシナガバチ駆除は巣の小さいうちに行うとより安全です。4〜5月の春先は、まだ女王蜂が一匹で巣を作っている状態なので、駆除が簡単に出来ます。この頃に見つけて駆除しておくことが一番なのです。6月を過ぎると、女王蜂の産んだ卵が羽化し、働き蜂が一気に増えます。もし人があまり通らない場所などの場合は、あまりに大きくなってしまった巣はそのまま冬まで待つといいでしょう。アシナガバチは基本的に人を攻撃することはありません。11月になり気温が低下すると、雄蜂は交尾後に死んでしまい、雌蜂は巣を出て気の割れ目などで越冬するので、巣が空っぽになるのです。巣は翌年には再利用することはないので、安心して駆除が出来るのです。